She So Good

「オ」レンジの「オ」フロード「バ」イク、略してオオバ=シソ

500kmでオイルを交換してみて

ここのところブログ写真無しだけれど、わざと撮ってないのではなくて、

 

この件は、記事として載せないだろう

 

と作業中で思って、写真を撮らず。でもやっぱり記録のためにも残すか、とか思ってブログ書いているので、写真がないわけで。

 

レーサーに乗って、初めて500kmほどオイルを無交換で走ってみた。今回の500kmは、林道区間は200kmもないはず(多分)。ロードを走る割合の方が多かったです。

ほんで先日ステムベアリングのグリスアップついでにオイル交換もやっておきました。

オイル窓の真ん中くらいを目処に入れる量を見るのだけれど、およそ1Lで真ん中程度までいきます。こないだから使ってるモトレックスのクロスパワーのボトルは500ml毎に印があり、結構便利。値段もそこそこ、性能的にも満足、ボトルにちょうどよく印を打ってある、これだけで、十分リピーターになる要素ありです。軽くてパワフルな2ストもいいな、とは思うけれど、無精な自分は給油ごとにオイル混ぜる手間はめんどくさい。向いてないなと思います。500kmでもめんど臭い。

 

500km走って思うのは、なんか振動が大きくなって、エンジンの回りがガサツ(な気がする)。ギアの入りが悪いとかそういうのは感じず。

 

そんで、交換交換。出てきたオイルは黒く汚れてはいるけれど、まだ透明感はあるし、シャバシャバでもない。本当に汚れてるオイルって、真っ黒ですもんね。それと比べれば、かなり綺麗な方かと。綺麗な方なんだけど、きっと美味しいところは使っちゃったんだろうなぁ。フィルターも交換したけれど、とりあえず1Lくらい入れ、足りなかったら、足す形で。ドレンボルトのマグネットには、500km分の鉄粉が。やっぱり距離に応じて鉄粉は増えるのね。で、アイドリングさせて、少し待って、窓から見ると、足りないこともなく、レベルゲージの真ん中よりちょっと上程度。ま、よかろーや〜

 

交換後の感想としては、エンジンの回りはスムーズで振動が減ったように思います。数値的な部分は語れないけれど、フィーリング的には、やっぱり新しいオイルの方が良かったです。500kmって目安もいいけど、15時間って目安もいいのかもと思ったり。しばらくっていうか、かなり先まで買い換えることは難しいから、ランニングコストをちょうどよく抑えながら楽しめるよう調整していこう。

 

では!