読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

She So Good

「オ」レンジの「オ」フロード「バ」イク、略してオオバ=シソ

フレックスサンデーエンデューロ2017春大会

レース前なのに、なんでしょう、心は晴れやかではないっていうか、ワクワクとかそういう感じじゃないっていうか、仕事して、家に帰って、まるで明日も仕事かのような感覚。

 

久々にレースに出てみよう、結果云々は、ホントどうでもよくて楽しめれば、それでイイんです。明日、仕事に行くような時間に起きて、かつ3分の2は職場へのルートをなぞって行くわけで。

なんつーか、直前まで日常をなぞりながら、そして日常の慌ただしさを、家を出るその時まで感じながらレースに迎えるってのが、なんとも言えない感じといいますか。

何の策も練らないまま、レースを迎えちゃってて、これでホントに楽しめるのけ?なんて思ったり。

 

f:id:orangerider:20170504191743j:image 

結果としては、とても楽しめました^_^ここ二日ほど4時間弱の睡眠時間だったので、集中できるかなーとか思ってましたが、割と集中して走れました^ ^

 

今回は良いことづくしでした。

結果としてはクラス10位、総合11位という結果で、思っていたよりも良かった。自分だけで走ったら、この順位は無かったんですけども。ペアを一緒に組んでもらったYさんの追い上げのお陰ですね。

 f:id:orangerider:20170504101641j:image

一気に抜きまくって帰ってこられてます♪(´ε` )

 

順位的な部分も良かったんですが、ずっとモヤモヤしていたことが、朝一で解消されました。

軽めの林道 桜が綺麗でした - She So Good

前回、TKHS氏と林道に行った時、待ち合わせ場所付近で、ロードバイク(自転車)の集団が信号待ちをしていました。上り坂を登りきった先にある信号付近だったのですが、メンバー1人の方が、急に心肺停止。自分にも何かできることがあれば、ということで現場に行って、心臓マッサージ。TKHS氏にはAED取りに行ってもらったり。

救急車到着後に暫くして心拍は戻ったが呼吸は、、、という状況。救急隊員の方が色々と処置をされていたので、自分達にはできることはもう無く、現場を後にし、気を取り直して、林道へ。帰ってきた後もあの人どうなっただろうと、思うことがあったんですが、TKHS氏の知り合いづてに、その方は無事で、後遺症もなく過ごされているということを知りました。

ホントに良かった。あの時のあの男性の顔が頭から離れなかったんですよね。きっとご家族もいらっしゃるだろうし、悲しみに暮れられているんじゃないか、なんて思っていたんですが、ホントにホントに良かった!その事実を知れて、良かった!レース日の中で間違いなく一番嬉しくなった瞬間でした。

 

さて、レースの話に戻りまして、コースの方は、もちっと下見しとけば良かったなぁなんて。山の中は割と分岐が多かったり、ここ、ショートカットになるんだ!?ってところをレース中に発見したり。

 

サイティングラップで山の中に入って行ったときに、あ、自分はここ苦手、、、難しいなぁと思いはしましたが、コツを掴めばなんとかいける感じ。へっぽこ崖のショートカットは自分もYさんも使用せずでした。奥のシラスのヒルクライムや、山の中のヒルクライム登ってたら、イケちゃうんじゃね?とか思って、一瞬行こうかと思ったんですが、思い付きと勢いだけで行ってはいかんなぁと判断し、使用せず。

 

レース後に、人探しもあってコースの方に行って、へっぽこ崖見てみたら3本くらいラインがあって、その中の真ん中のラインは、だいぶ削られてて、助走は緩やかたけど、登り始めたら、ほぼ垂直。みんなよく行くなぁ、、、と思った次第です。

走りながら、つくづく、はぁ、、、下手くそだなぁ、自分は、、と思うことが多くて多くて。練習してないから当たり前なんですが、だいぶ下手だなオイ、、、。もう少し低速での乗り方練習せんと、いかんなと。

だいぶYさんに助けられて、今回の順位。1人で走ってたら11位なんてとれてなかったですね。

ま、楽しかったからよかったんだけども。

クラス表彰の際、クラス11位なら、セカンドクラスの1位ってことで、タイヤがもらえたんですが、自分達は間違いなく10位。オゥ(;´д`)ある意味惜しかった、、、、

 

こうなったら、ジャンケン大会!KTM賞で挽回や!!!

 

 

 

 

 今回の戦利品

f:id:orangerider:20170504113615j:image

KTMのフーディ

f:id:orangerider:20170504113912j:image

黒伊佐錦

 

十分すぎる戦利品。焼酎と刺身で一杯やりたいなぁなんて思っていたら、手元にやってきました焼酎が(笑)

 

そして、フーディ。レース会場に着いて、EXC-F下ろして、KTMのフーディなんか着ちゃえば、あの人バリッとKTMや。

 

「あの人速い人に違いない」感が出ます。

 

KTM補正が効くわけですよ。

 

本人遅いんですけど。 

戦わずして勝つ感。

戦ったら負ける感。 

補正かからず、上手い感だせるようになろう!