She So Good

「オ」レンジの「オ」フロード「バ」イク、略してオオバ=シソ

ハンドルロック

そこそこ風が吹いたけれど、バイクが倒れるほどでもなかった日、帰ったらEXC-Fがネンネしてました。

 

んだよ、さすがに今日くらいの風じゃ倒れねぇんじゃねぇの。いつもEXC-Fのすぐ近くに停めてあるほぼ不動の自転車が、違う場所にとまってる。

 

短絡的だと思うけれど、、、

お前だろ?

自転車のお前だろ?

 

決めつけ良くない、良くないけど、多分お前なんだろ?あーもー、まぁ、いいんだけどさ、よっこらせっ。あれ?ハンドルロック解除されてる?おかしいな、普段からちゃんとロックしてるはずなのに。キーをクリッと。クリッと、クリッと、、、、ロックできんがな。あーもー倒れた拍子に壊れたな、こりゃ。部品代幾らだ。そんな高くないだろうけど、高くついたら、恨むぞチクショ。

 

ハンドガードもなんか外れかかってるし、雪が降る前日ってのもあって、寒いのなんの。多分自転車の貴方なんだろうけど、盗難未遂だったら嫌だし、避難避難。少し離れた別の場所へ。

ちなみに鍵穴は、メインキー、ロック、その他ロックともイタズラは無し。恐らく風で倒れた、もしくは倒されたって感じ。

 

で、修理を依頼しましたが、折れちゃなんねぇところが折れて直らないということ、、今回の件で、盗難の可能性があるのは嫌だなぁと思い、チェーンロックを頑丈なヤツに買い換えようか、どうしようかと迷っていたけど、直らないとわかった後は、迷うことなくポチッ。

 

修理代がなければ来年度のオイル代くらいにはなったろうに。引き取りに来てくれて、ハンドルロック以外にも見てくれたバイク屋さんには感謝♩オイルの方は、買うとしても、乗る頻度が大して多くないので、多分4Lあれば、足りるはず。6500円くらいかな?今度もクロスパワーをば。オイルはモチュール300V、ヤマルーブプレミアム、ベリティHR、モトレックスクロスパワーと入れてみましたが、モトレックスクロスパワーが個人的には一番マッチしてる印象。メーカー指定オイルでもあるし、値段もさほど高くない、感覚良し、メーカー指定ってこの3点で継続するには十分な理由です。

 

コマゴマとした性格なので、本来なら2〜3回乗ったら交換とかしたいんですが、いかんせん時間がないし、スペースもない。ガレージがあれば、子供が寝静まった後に、もしくは朝遅く起きてってのもできそうなんだけども、今の住環境だと、無理。ってことで、EXC-Fには悪いけど、適当なところで交換予定。

 

今後購入予定の消耗品

■ヘッドライトバルブH4BS(すぐ死ぬ。1年もたんとか。)

■チェーン(まぁ、まだまだモツだろうけど、来年のどこかでは交換)

スプロケ(アルミと鉄のハイブリッドな奴か、鉄。軽さはどうでも良いです。写真のやつを買いそうだけど。)

f:id:orangerider:20180112150626j:image

 

直近で言えば、チェーンロック、ヘッドライトバルブ購入。その次は、オイルとエレメント。今んとこ、内燃機関で不具合らしいところはないので、ヨシ。ピボットシャフトのベアリングのグリスアップもしたいなぁとも思うけれど、これは春になってからですかね^ ^

走り納め

年末の出来事を今更ながら書いてます。

年末に、お世話になってるバイク屋さんの走り納めに行ってきました。ちなみにバイク屋さんはLightning。店長とても一生懸命な人で好感持てる人。仕事も早いし人望厚い方。

f:id:orangerider:20180102233213j:image

 場所は溝辺のMSL HOBBYです。11月のレースでは、マシントラブルでエントリーはしたものの、敢えなく走ることができず、ようやく走ることができました。

午前中は、思ったより乗れず、うーん、、、なんだかなぁ、自分なりのアグレッシブさは何処へ行ったのか、、、とか考えてましたが、ヒルクライムにチャレンジして、転んでとかを繰り返してたら、気持ちも体もほぐれて、後半からは楽しく走れました。ってか、ホント楽しかった。いや、ほんとマジで。

 

結局知り合い含め25台くらいがコースにいたんじゃなかろうかと。みんな乗り比べって感じで、バイク交換して乗ってたりして、楽しそうでした。自分もお知り合いの方のEXC-F 6daysに乗せていただきました。

f:id:orangerider:20180103002759j:image

このモデル。多分、自分のEXC-Fの次のモデル。自分のEXC-Fの型が一番好きなんですが、それ以外で挙げるなら、この型のこのカラーリング。これは超絶カッコええです。いや、ホントカッコえぇ。。。(*´ω`*)EXC-Fよりさらにいいパーツがついてるスペシャルなバイク。そのまま実戦投入可な、ハイスペックマシン。

で、フッとバイクを起こすと、それだけで「あれ?軽い?」乗り出したら、軽さのことは気になりませんでした。サスは4CSっちゅー上位グレードのサスが入ってるんですが、正直自分レベルでは

( ´∀`)わかんね

わかんねぇす。もっと山の中とかに入ったり、色んな道走ればわかるのかも、、、ですが、自分が評価できるレベルにないもんで、、、。こんな感じなので最新のマシンに乗っても、良さがわからんだろうと。次買い換えるとなっても、年式は問わず、状態のいい中古でいいかなぁなんて思ったり。ま、買い換えるのはずっと先ですね。乗る頻度も少ないし、今のEXC-Fで満足っすから( ´∀`)

 

で、楽しかった分、バイクも労ろうということで洗車。お正月休みがあってよかった。日頃は、休みの日でも、カミさんは仕事なので、チビ達の世話で洗車すらままならない状況で(;´Д`)

f:id:orangerider:20180103004543p:image

息子が「パパのと一緒〜」と嬉しそうにキックバイクを出してきました。

もう少し大きくなったら、サイズがあってくるかな。そのうちバイクに乗ると言い出すのだろうか。長男は割り箸のような折れやすい心の持ち主なので、一回転んだら、もうイヤなんて言いそうです。

 

そんなこんなで子供が寝静まった後に、シメに夫婦で蕎麦年を越しました。美味しゅうございました。今年は家族仲良く、一つのイベントや事柄に一丸となって取り組める年にしたいですね。では!

軽く林道流してきました。

ここんところ、1ヶ月に1、2回程度は単車に乗れるかな?って状況。だいたい2時間程度(ダート走ってるのはその半分もないくらい?)子育てもあるし、仕事も忙しいしでなかなかそうもいかない状況でこれだけ乗れればいいのかも。

 

先日レースにペア組んで出たけれど、交代の時間間際にマシントラブルで、走れず。ペア組んでた人とはリタイア後、大した会話もなく、レース中に、いつのまにかマシン引き上げて帰ってるっつー状況。走れなかったことをどうこう言うつもりもなかったし、マシンが復帰できないならしょうがないかとも思っていたけれど、なんつーか、そっちの方が残念。もうペア組んで走るのはやめとこ、と思った。

マシンの準備もお願いしてしまってたし、相手に任せっきりにしてしまってたのも良くなかった。自分の至らないところを確認。

レースで走れなかった分、皆さんにたくさん優しくしてもらいまして

f:id:orangerider:20171212213114j:image

 KTMのキックバイクゲット!可愛いとカッコイイが同時に存在してます。末っ子の名前にちなんだゼッケンナンバーも貼って、クリスマスが楽しみです。ちょっとしたインテリアにもなりそうなオサレさも兼ね備えてます、イイもの譲ってもらった(しかも、新車)。末っ子と練習するの楽しみです。

 

そして、先日はお知り合いと林道へ。こっちはこんな道と伝えれば、自分のスキルじゃまだ無理です、と冷静に判断してくれて、ならば安全な道を走ろうと提案できたり。物足りなさは特になくて、淡々と、ある程度気持ちよく走れたからヨシ。予定の半分程度で、帰宅することになったけれど、少しでも走れたのでそれでヨシ。

 

 

f:id:orangerider:20171212213602j:image

 あと、軽くコースも走ってきました。須杭は約1年ぶりの走行でした。上手く走れないことの方が多かったけれど、それでも久しぶりのコース走行は楽しかったデスヨ。

それにしても最近EXC-Fと遊ぶのが楽しい。エンデュランサーって、このバイクが初めてだけれど、自分の使い方には一番適してます。林道もコースも楽しい♩

とまぁ、行ってきたって言っても、だいぶ前の話で、2ヶ月以上前の話もあったり。忙殺される程ではなくなってきたけれど、ゆっくり記事書く時間がないってのが、現状です。ぼちぼちまた記事書いていきます。

 

では!

 

どーにか出たいと思うわけなんだけど

11月12日に鹿児島のKTMディーラーのFLEXさんKTMマルチディーラー:フレックス@鹿児島市春日町のサンデーエンデューロにどーにか出たいなぁと思うんですけどね。

今の我が家の情勢を考えると、、、、

 

(°▽°)無理

 

どーも、現状では、難しい気がする、、、ま、カミさんのこと思えば絶対出るとは言えません。

 

で、フレックスさんのエンデューロには出れないけれど、練習会には行ってきました。ずっと、ほんとずっと行きたいなぁと思ってはいたけれど、予定が入っていたり、時間がなかったりで最後に行ったのは多分3年くらい前になんじゃ。

当時WR250Rに乗ってて、セイヤくんに教えて貰ったスタンディングでの姿勢の意味がわからなくて、最近それっぽく立って乗れるようになったり。そんでWR250Rにセイヤくんが乗ったら、めっちゃ飛ぶやんけ、このバイクって思ったり。ホントすんごい飛んでた。結局乗り手ですね、バイクって。

 

で、ここ最近、乗れる時に乗るって感じで、頻度としては少なくなってきてるんだけど、2回に1回くらいは、あ、あの地味練って、ここに繋がってるんだって理解できたり。

 

8の字の地味練って、オフ車に乗り始めてすぐの人だと、バランス感覚養うのに効果的なのかなぁと思ったりしてたんですが、今回久しぶりにコース走ってみて、なんだ、こんなところでも生きるのか、ってかやってることは同じじゃないかと気づいたり。全てで上手く行くわけではなかったけれど、しっくり来る感じがありました。普通の人は気づくんだろうけれど、自分はだいぶ時間がかかりました。すげぇよ8の字。ストンと腑に落ちました。気づいたからには、また地味練しよ。

 

後は、お知り合いの方々が皆さま総じて速くなっておられたし、走ってる人の中で、自分と同じくらいで走ってる人がいて、コース全体が見渡せるのもあって、自分は大体あれくらいのペースで走ってんのね。と分かりました。ジャンプらしいジャンプは基本しないと決めてるので、下りのジャンプの前のコーナーで道を譲ったら、追突されてビビったがな。

 

先に行ってもらうか、スッ、、、

 

後ろからヴァァァーン!!という咆哮とともに

 

ドンッ!!追突?

 

スタンディングしてたおかげで軽い衝撃で済みましたが、、、、ちょ、ちょ、俺煽ったりしてねぇっしょ、挑発的なこともしてないよ(;ω;)

 

後で、謝りに来られまして「すみません、握力が限界で、手が効きませんでした」ということ。そんな状態で追ってこないでwいや、ホント攻撃的な人なのかもって思ったわ(;ω;)

 

今回の練習で、速くはなってないし、むしろ以前より、今のペースで丁寧に走る、ということについては、いろんなものが統合されてきて、できるようになってきたのかもしれません。

 

んで、カミさんが職場復帰するってんで、やっぱりバイクはお預け。ん〜乗りたい、乗りたいがチビたちの成長を感じることには変えられないなとも思ったり。次男がようやく1人で立てるようになってきて、感情豊かになってきた。今週は、チビたちのお遊戯会なのです。楽しみで楽しみで。去年のお遊戯会の夜、破水して、次男が生まれまして、お遊戯会の後は、ジジババ揃って誕生会。はー楽しみダヨ。

 では、おやすみなさい。

500kmでオイルを交換してみて

ここのところブログ写真無しだけれど、わざと撮ってないのではなくて、

 

この件は、記事として載せないだろう

 

と作業中で思って、写真を撮らず。でもやっぱり記録のためにも残すか、とか思ってブログ書いているので、写真がないわけで。

 

レーサーに乗って、初めて500kmほどオイルを無交換で走ってみた。今回の500kmは、林道区間は200kmもないはず(多分)。ロードを走る割合の方が多かったです。

ほんで先日ステムベアリングのグリスアップついでにオイル交換もやっておきました。

オイル窓の真ん中くらいを目処に入れる量を見るのだけれど、およそ1Lで真ん中程度までいきます。こないだから使ってるモトレックスのクロスパワーのボトルは500ml毎に印があり、結構便利。値段もそこそこ、性能的にも満足、ボトルにちょうどよく印を打ってある、これだけで、十分リピーターになる要素ありです。軽くてパワフルな2ストもいいな、とは思うけれど、無精な自分は給油ごとにオイル混ぜる手間はめんどくさい。向いてないなと思います。500kmでもめんど臭い。

 

500km走って思うのは、なんか振動が大きくなって、エンジンの回りがガサツ(な気がする)。ギアの入りが悪いとかそういうのは感じず。

 

そんで、交換交換。出てきたオイルは黒く汚れてはいるけれど、まだ透明感はあるし、シャバシャバでもない。本当に汚れてるオイルって、真っ黒ですもんね。それと比べれば、かなり綺麗な方かと。綺麗な方なんだけど、きっと美味しいところは使っちゃったんだろうなぁ。フィルターも交換したけれど、とりあえず1Lくらい入れ、足りなかったら、足す形で。ドレンボルトのマグネットには、500km分の鉄粉が。やっぱり距離に応じて鉄粉は増えるのね。で、アイドリングさせて、少し待って、窓から見ると、足りないこともなく、レベルゲージの真ん中よりちょっと上程度。ま、よかろーや〜

 

交換後の感想としては、エンジンの回りはスムーズで振動が減ったように思います。数値的な部分は語れないけれど、フィーリング的には、やっぱり新しいオイルの方が良かったです。500kmって目安もいいけど、15時間って目安もいいのかもと思ったり。しばらくっていうか、かなり先まで買い換えることは難しいから、ランニングコストをちょうどよく抑えながら楽しめるよう調整していこう。

 

では! 

ステムベアリング、グリスアップ

ステムベアリングのグリスアップしないとなぁ、と思ってはいたけれど、秋頃でいいか、と思っていましたが、時間できたし、できる時にやっておこう。つーか、本州の方じゃいい気候になってんじゃないか?秋ですね。鹿児島まだ暑い。

 

ってことで、チャカチャカとパーツを取り外します。

リフトアップする前に

  1. アクスルシャフトボルト
  2. フロントフォーク下部ボルト
  3. フロントフォークを固定しているトップブリッジ、三又のボルト
  4. フロントブレーキキャリパーのボルトを緩める
  5. ハンドルクランプのボルト
  6. ステアリングトップボルト

を緩めます。バイクをリフトアップして固定できる環境があれば、これらの作業を前もってする必要はないと思うんですが、リフトアップした後に緩めると、力を加えた方向にバイクが傾いて、目も当てられない状況に、、、。

以前乗っていたWR250R、CRF250RもステムベアリンググリスアップをしましたがKTM250EXC-Fは、WRやCRFに比べて、作業工程が少ないなぁと。リアサスを外したり、ピボットシャフトのグリスアップした時も思ったけれど、使う工具が少なくて済むし、工程少ないし。うん、楽ちん。

 

ベアリングのグリスについては納車時にグリスアップしてもらっていたのと、乗る頻度が高くないってのもあって、残っていたし、乳化もしていませんでした。

 

で、今回もベルレイのウォータープルーフグリスを使用です。ベルレイのグリス使ったとかなんとかは、前々から書いてるんで、またかよって感じなんですが、使ってみて、暫く経ったので、軽いインプレを。

 

マキシマのウォータープルーフグリスから、ベルレイのウォータープルーフグリスに変えて思うのは、乳化がほぼなかったり、水の侵入の後がないこと。後、どちらのグリスもウォータープルーフと謳っていますが、疎水の仕組みが違うみたい。水を寄せ付けませんよってのがベルレイで、水が入っても潤滑しますってのがマキシマらしい。マキシマのは水飴みたいに柔らかいけれど、ベルレイのは固めで、使う際も、マキシマのは垂れてくるから、風があったりすると、他に付いたりする。自分はベルレイの方がオオスメです。

 

ベアリングに塗り込んで、組みまして、終了です。シールの向きを間違えたのを後で気づいたけれど、まぁ、大丈夫、、多分、、、

 

で、組んではみたけど、KTMのステムって初めて組むし、どんなもんかと林道に行けば、朝早く、暗がりの林道で、太い木の枝が自分に向かってるのに気づかなくて、ゴーグル部分を槍で突かれたようにヘルメットをガッコーン!と押され、真上を向いた。頰に擦過傷。ゴーグルしてなかったら、割と痛かったし、本当にヤバかったぞ、チクショー。暗がりの林道はもう走らん。今年は何かと悪いことばかり起きる、本当起きる、厄年なんじゃねぇか、ホント、そう思いたい、ってか、起こりすぎてもう厄年だと思ってる。晴れて、明るい日にしよう林道は。

1カ月乗ってないと言ったな

アレはウソだ。

よくよく考えたら3週間程度だった。ってなわけですが、今回で1カ月ぶりくらいに乗ってきました。

f:id:orangerider:20170911225226j:image

垂水フェリー乗り場です。ここも約1カ月ぶり。まさか1カ月ほどでまた鹿屋に渡るとは思わなかったぜ。

 

f:id:orangerider:20170910202743j:image

 で、今回はWR250Rの方とセローの若いお兄さんと一緒に行ってきました。もうヘトヘトでまともにスタンディングすらできないってほどの疲労度でもなく、程良く疲れる感じ。

鹿屋は数年前の台風の影響で、山から水が流れている至る所で、土砂崩れが起こっていて、同じ県にいるのに、こんなにも被害が出ていたのだと初めて知りました。己の無知さを思い知ると同時に、台風の怖さを知りました。

 

先日行った先で立ち入り禁止になっていたところとは別のルートを走りつつ、3台乗り変えてバイクの試乗会を。

 

WR250R→言わずと知れたトレールの中では群を抜いた戦闘力を持ち合わせている車両ですね。以前乗っていたWR250Rとは、また違った乗り味。EXC-Fと比べると、若干重さは感じるけど、走り始めたらあまり気にならないし、足回りが林道くらいのペースなら、凄くいい(素人所感)。サブコンが入ってるのもあってか、パワーもあるし、レスポンスに差はあるけれど、それを頭に入れて早目に開け始めれば、加速していきます。アホみたく地面を掻き毟るわけではなく、程良く掻き毟る(?)感じで、確実に路面を捉えながら、加速する感じ。いや、強いわWR250R。EXC-Fに1年半乗って、久しぶりに乗ったけれど、ほんとにいいバイクだわ、コレ。生産終了にするには惜しいバイクですね。

 

セロー225→これもとても印象が良かったです。林道に出かけるなら、WR250Rよりセローだな、と思いました。WR250Rは攻撃的なバイクだけれど、セローはホント、トコトコが似合うバイクなのだろうと。つーか、トコトコしか走れないっていうか、アクセル捻るとすぐに頭打ち、、、だがしかし、シート高が低く、足つきは抜群、重心も低め、低速トルクも十分。これは何処まででもイケるぞ!エンデューロレースもコースによるだろうけれど、この強みを生かせば、いいとこいくでしょ。っていうか、いろんなレースで活躍してますよね。

 

 今回は、林道らしい林道って少ししか走れなかったけれど、道路走るのも気持ちいいもんだなぁって。道路走って、話して、そういう楽しみ忘れてたなぁって。そういうのも大事。だが、距離バンバン伸びてオイルの交換サイクルが早まるんで、今はやはりオフロード中心で良い。

 

と、ここまで。